◆来談者中心療法


<来談者中心療法とは>

来談者中心療法とは、クライエントさんの自主性や自立性を尊重する療法であり、
カウンセラーがカウンセリングを行うにおいて基礎とされている療法です。

来談者中心療法は、カウンセラーとして、クライエントさんの自己成長する力を
信じて、カウンセリングのなかで、クライエントさん自身によってその抱える
問題を解決していくことが出来るように、クライエントさんの心に寄り添い、
尊重する姿勢を常に持って行います。
これはカウンセラーの基本的態度であり、他の療法においても基本的な土台と
なるものでございます。

来談者中心療法のほか、カウンセラー等によっては「クライエント中心療法」とも
呼ばれますが、同じものであります。


                                                               img_20161220-220706.png






 

プロフィール画像
経歴
磯野賢次

・1992年〜2001年:
 建設機械車両等の製造会社に
 勤務。
・2005年:
 人間総合科学大学人間科学部
 人間科学科卒業。
・2001年〜現在:
 精神障害者等の施設数ヶ所に
 勤務。
・2008年〜2012:
 メールカウンセリングを主体
 とするカウンセリング会社の
 登録カウンセラーにて活動。
・2013年〜現在:
 2013年1月個人事業主として
「メンタルアシスタント」を
 開業。 (開業届提出済み)
カウンセラー及び関係資格
・日本産業カウンセラー協会
 認定 産業カウンセラー
・中央労働災害防止協会認定
 心理相談員
・日本能力開発協会認定コーチ
所属
・日本産業カウンセラー協会
 神奈川支部会員
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数